Let's Get Lost

僕に力をくれ、もっと強くなってみせるから

KCON参戦記

前回の記事から1ヶ月が経ち、EXOのペンミも終わって(推し不在とはいえそれなりに楽しめた)、私事だが就活も区切りがついた。得体の知らない焦りに追われて一日が過ぎていくから、ふと後ろを振り返ると過ぎ去った時間の大きさに驚く。気付けばセブチは!いよいよ!今日カムバ!!

カムバに関しても書きたいことは山ほどあるが、何はさておき昨日のKCONの参戦記録をば。とにかく今日のカムバ前にこの記事を完結させたいから文章を練る余裕などあったものじゃないけれど、もうしーらないっ!タイムリミット、あと3時間(笑)
カムバしたらこれどころでなくなるのは火を見るよりも明らかで、かといって、文字に残さずにおくにはあまりにも勿体ないのだ。だって、とても楽しかった。

5月21日、KCON最終日。セブチペンの友人と3人で参戦した。3人ともほとんど他のグループには興味がなくて、そもそも誰が出るのかもちゃんと知らないという状態で臨んだのだが、セブチ以外もばっちり楽しんできた。

冒頭のMCが我らがヒップホップチームだったので、テンションは一気に上昇。イルコンの時の反省を活かせず、初っ端から叫びすぎて喉から鉄の味がする。私の隣にいたお客さんはペンタゴンペンだったようで、あまりの私の騒ぎっぷりに若干引かれていたような気がするが、なりふり構っていられなかった。うるさくしてごめんなさい。

もうとにかくウォヌがえげつないかっこよさを発揮していた。どれくらいえげつないかというと、この日まで「ウォヌはあんまりときめかないんだよね……」と言っていたバーノンペンの友人が「やばいかっこいい何あれ?」って興奮するくらい。実は密かにウォヌも推している私、ずっと彼女にウォヌは最高だって言い続けてたんだけど、やっとそれが伝わったようで嬉しいです。ふふふ。にしても、あまりの機嫌のよさに、最早嬉しさとか通り越して心配になるレベルで笑顔大炸裂していた。あんなウォヌ、そうそう拝めるもんじゃない。


f:id:lhzyxmjnh:20170522173510j:image
©SAINT

さてさて、バーノン不在は残念だったけれど、ヒポチのおかげでウキウキと始まったKCONです。

実は、参戦しようか、一瞬だけ迷ったのだ。セブチ以外のグループには疎いし、たった数曲やるだけのセブチに会いに行くためだけに一万も課金するのかぁ、って。まぁ、会いに行ける距離にいるのに行かないなんて選択肢はやっぱりなかったから、そんな迷いは一瞬で霧消したんだけれども。でも、実際に行ってみると、単独コンサートとは全然違う魅力があるんだなってことを実感できた時間だった!

特にペンタゴンとブロビ、ヨチンは生で見ることができて本当に良かったと思う。グループ名は知っているし、代表曲くらいはなんとなく耳にはしたこともあるけれど、単コンに行くほどでもない、というくらいの位置づけのグループのパフォーマンスを生で見られる機会って、結構貴重だものね。

 

PENTAGON

ペンタは、Triple Hのビジュアルティーザーを何度かツイッターで見かけていて、イドンくんはすごく印象に残っていた。チャーミングなそばかすにポップな色使いと死んだ目のちぐはぐさが最ッ高だなと。まぁイドンって名前を知ったのはKCONから帰宅してからだったのだが。

で、改めて"365 FRESH"を見たら、もうこれが超ドツボにハマる曲で!!バックに入っているちょっとファンク調のカッティングギターとかものすごく私好みの楽しい音で、そのくせMVの退廃的な世界観が凄まじいまでのギャップ!少し調べてみたら、本国では刺激的だと批判も受けたみたいですが(だろうね)大好きです、こういう病んだ感じ。ヒョナのおっぱいがエロくて最高(そこ)

って、ペンタの話じゃなくてTriple Hの話になっちゃった。

そんなわけでなんとなく目で追ってしまったイドンくんね~、ダンスの絶妙な力の抜き具合に手練れな雰囲気を感じた!ぬるっとゆるっとキメる感じがかっこよかった。あとペンタゴン、日本人のメンバーがいるんだね!そのせいかわからないけど韓国人メンバーもかなり日本語が上手で、やっぱり単純にわかる言葉で話してくれるのは嬉しいなぁなんて思っていた。

もちろんペンタの曲も帰宅してちゃんと聴いたよ!デビュー曲がゴリラって、なかなかのインパクトだと思います。で、ゴリラもだし、감이 오지とか예쁨とかもそこはかとなくファンキーで良き。ちゃきちゃきサウンド大好き人間なので。昨年デビューということで割と最近のグループではあるけど、グループの音楽的な方向性が結構わかりやすいというかはっきりしているのは魅力的だと思う。タイトル曲しか聴いてないけど← でも、きっとこれから活動を積み重ねていく間にどんどん新しいスタイルを開拓していきそうな雰囲気のあるグループでもあると思った!新曲はチェックしていきたい。

 

GFRIND

ヨチンは一番最近のFINGERTIPがとっても好きで、曲もちょくちょく聞いてたので生で聞けて楽しかった〜!持論なのだけど、ヨチンの曲って(これもペンタよろしくタイトル曲だけ聴いて言うけれど)どこか古い感じがある気がしている。いい意味で!小室哲哉サウンドというか、90年代~2000年代前半くらいのポップス感があるなぁというのが個人的な印象だ。でも、それでいて懐かしさの中にどこかちゃんと今っぽいアレンジも入ってるから古びた感じにならないあたりが良い。このグループも方向性がはっきりしてるんでしょうね。ペンタとは逆に、この子たちにはこれからも変わらずに彼女たちだけの空気感を貫いてほしいな、なんてニワカの勝手な願望。

にしても、歌唱力がはんっぱなかった。歌が巧すぎてびっくりした。勿論可愛いんだけど、それよりもかっこいい!!って思いながら観ていた。一切音外さなかったものだから、「え、生歌だよね?」と疑いたくなったレベル。凄かった。彼女たちのコンサートにはお金を払いたいなと本気で思った。

ヨジャドルのライブって行ったことないので新鮮だった。最初の方にも書いたけれど、これがKCONの魅力だね!曲は聴いたことあっても、普段の声はほとんど聞いたことがなかったから、何よりもMCの声が高いことに違和感があった(笑)

 

Block B

そしてぶろび!はもう、zicoさんしか見えませんでした………かっこよかった………

以前、セブチのメンバーがアメリカに滞在中、オススメ曲をSNSで投稿してくれるというのがあって、その中にzicoのソロ曲があったんですよね。そーれがもうドツボで。曲が。最高すぎて。このメロウな感じがとてもとても好きです。それ以来、密かに気になる人ナンバーワンです。

その曲がこちら。まずサムネイルからしてイケメンじゃないですか。顔が好き!←

彼の第一印象がこの曲だったので、あとから他のソロ曲を聴いてみたらもっとゴリゴリしていてびっくりした。実はゴリゴリのヒップホップミュージックって結構苦手意識があるのだけど、この人のはちゃんと聴いてみたいなぁと思っている。

個人的にとっつきやすかったのはこれかしら。ほら、やっぱりサムネがイケメン←

 で、zicoさん、ブロビのリーダーであり、作詞作曲プロデュース担当という多才な人らしい。ソロ曲とグループ曲で結構曲調が違うのに、同じ人が創っているって凄い。音楽の幅が広いんだろうなぁ。

KCONで披露してくれた最新曲のYESTERDAYはメロディーがキャッチ―で超楽しくなれる感じで、会場も盛り上がっていてすごく楽しめた!

 

 SEVENTEEN

待ってましたセブチ~!大トリということで、最早単コンか?と見まごうほど会場に煌めくカラットのペンライト。そして掛け声の大きさが桁違い!ちょっと誇らしい気持ちになった。

直前でバーノンの不参加が発表され、無念の12人でのパフォーマンス。もちろんセブチはいつだって最高なんだけど、やっぱり一人でも欠けていたら寂しい。スングァンがちゃんとバーノンは心配いりませんってフォローを入れてくれていて、それが実際どの程度かなんてわかんないけど、少しは安心した。私たちもだけど、スングァンをはじめとするメンバーもだし、何より韓国でひとり残っているバーノンが一番寂しいだろうなぁと思うと、胸がきゅっと締め付けられるような気がする。早く良くなるといいな。

昨日はジュンがほんっとうに調子良さそうで、すっごく楽しそうだったしすっごく調子乗ってたし(笑)、カメラに抜かれたときのキメ顔の決まり具合が半端じゃなかったし、控えめに言って宇宙一かっこよかった。このところ少し心配になることが多かったので、その姿を見ることができて最高の気分だった!今思い返しても口角が思わず上がってしまう。気持ち悪いのでやめましょうね。

そうそう、時系列が前後するけれど、サプライズステージでの登場は全く予期していなかったから、あの時は本当に心臓が狂うかと思った。曲選もBeautifulって、かなり意外性のあるものだったから嬉しいやら驚くやらで。イルコンのアンコール曲だったから思い出深い曲です。そして何よりも、衣装が本当に素敵だったのですよ!!


f:id:lhzyxmjnh:20170522173201j:image f:id:lhzyxmjnh:20170522173258j:image
©the innocence

個人的にジーンズオンジーンズというスタイルが大好きなので、もう大興奮!!とっても似合ってた!またいつかこの衣装着てくれないかな〜!もう一度拝みたいな〜!!

そして本番も良かった……
まさかぶんぶんのイルコンリミックスをまた聴けるなんて思っていなかった!!あのリミックス本当に大好きで大好きで、WOWOWで放映された映像も、youtubeに上がっている動画も何度も何度も繰り返し観て、夢にまで観るほどだったから、一音目を聴いた時に、頭で理解するよりも先にまず体が反応した。一瞬遅れて状況を飲み込んでからはひたすら叫んだ。最高だった。

f:id:lhzyxmjnh:20170627010141j:plain
©vivi960610

あっきんだもマンセもとっても楽しかったし、メンバーも楽しそうだったし、幸せな時間だったなぁ。一瞬でも参加を逡巡したのが馬鹿らしくなるほどに価値のある時間だった。幸せな気持ちに浸りながら3人で帰途につきました。そのあと電車の運転見合わせで帰るの大変だったけど。

 

でもね、少しだけ文句を言いたい…!運営さん、聞いてますか!

まずカメラワークが悪すぎる。K-POPに興味のない人にすれば全員同じ顔に見えてしまうのかもしれないけど、誰がどのタイミングで歌うかくらい把握しとけよ。リハーサルしてるんでしょ?何のためのリハ?あるメンバーの見せ場パートの時に、他のメンバーを映すな!「やべえ今歌ってるの誰だ!?」というカメラマンの狼狽が画面越しに伝わってくるレベルで、慌ててカメラを動かすものだから、スクリーンに誰も映っていない時間が多すぎる。私たちは壁を見るために金を払ってるんじゃねぇんだよ。

それからあの超縦長のちっさいスクリーンは一体なんなんだ。おかげでカメラワークの粗が余計に目立つ。K-POPアイドルの魅力の一つはメンバー同士での絡みだというのに、一人分しか映せない幅のスクリーンに存在価値なんかあるのかって話ですよ。

しかも合間のMCでは、その縦長スクリーンの横幅に合わせて横長の映像を流すものだから、とてもじゃないけど小さくて何が映っているのかさっぱりわからない。字幕も読めない。スクリーンをあの形にするなら映像のアスペクト比も一致させるべきだったし、そもそもあの縦長スクリーンは観客誰一人として求めていなかった。断言しよう、あれはクソだ。

あともう一つ文句を付け加えるならば、前列の方にいたセブチペンが高々とボードを掲げるせいで、後方の私たちの視界がかなり遮られてしまったこと。前方とはいえステージから少し離れたところで、たぶんステージ上の彼らからは見えない位置だっただけに、いや落ち着けよ、とささくれた気持ちになりました。気付いてもらいたいのはわかるけれど、最低限のマナーは守って応援しようぜ、という話。

とまぁ、不満は残るけれど、行ってよかったなという雑な日記でした!とても楽しかった!

そうこうするうちに、いよいよあと20分でカムバ……!
ひゃ~どうしよう。もうティーザーの時点で何度も心臓発作を起こしかけたというのに、ついに今日フルで聴けるなんて。そわそわしてバイトに集中できません。(今は休憩中)

さて、カウントダウンVライブ放送してくるみたいなので、休憩残りで見るぞ!あんにょん!